未来の勤怠管理はこうなる!?タイムレコーダーの将来性

勤怠管理と入退室管理の関係

現在、勤怠管理システムはほとんどの企業に導入されており、勤怠管理システムに入力した時間外や休日出勤の時間によって残業代や休日出勤手当てが支給されるというケースは少なくないでしょう。
また、セキュリティの関係で施設への入退室を管理するための入退室管理システムを導入している企業も現在においては珍しくありません。
しかしながら、この2つのシステムが管理しているデータを連携させて活用している企業はまだそんなに多くはないのです。
勤怠管理システムと入退室管理システムはそれぞれ別の目的のシステムですが、入退室管理システムのデータを勤怠管理システムに連携すれば残業時間や休日出勤時間を正確に把握することができるのです。

未来のあるべき勤怠管理業務

昔では会社にいる時間と働いている時間は意味が違う、という現在においては悪い考え方が普通に浸透しており、入退室管理の時間をそのまま残業時間とするという対応をしている企業はほとんどありませんでした。
しかし現在は国の方針である「働き方改革」によって、不払い残業が徹底的に見直されています。
企業にいる時間は基本的には会社が拘束している時間と扱われるため、入退室管理システムの時間と勤怠管理システムの時間が異なると労働基準監督署に指摘される場合があるのです。
よって、今後の勤怠管理システムのあるべき姿は入退室管理システムの退室時間を自動的に取り込んで反映させる機能を持つことです。そして未来においては勤怠管理システムと入退室管理システムは別の業務ではなく、1つの業務として統合的に扱うようになるでしょう。