話題のタイムレコーダーについて徹底解説

ICカードによる打刻が可能

勤怠管理の分野で話題となっている、高性能なタイムレコーダーについて徹底解説します。大きな特徴となるのが、ICカードによって打刻を行えることです。タイムレコーダーの脇にタイムカードを設置する必要がなく、オフィスのスペースを有効に活用することができます。ICカードは社員証や会社が支給する携帯電話など、さまざまなツールに導入可能です。個人が持ち歩くツールにICカードを搭載することで、代理打刻などの不正行為も防止することが出来ます。タイムカードに打刻されたデータを、手作業で集計する手間が省けるのも大きなメリットです。ICカードで打刻されたデータは、勤怠管理システムによって自動で集計が行われていきます。

クラウドによって管理が行える

クラウド使用の勤怠管理は、話題のタイムレコーダーに採用されている画期的なシステムです。クラウドを利用すれば、データを管理するために自社でサーバーを用意する必要もありません。勤怠管理システムは定期的にバージョンアップが行われており、タイムレコーダーも長期的に運用することが出来ます。クラウドに保存されたデータは、バックアップやセキュリティも万全なので安心です。給与ソフトとの連携も出来るので、今まで使っていたソフトが無駄になることはありません。データはクラウドにリアルタイムで自動集計されるため、勤怠管理の効率化も実現できます。計算や集計業務が自動化されることで、コストも大幅に削減できるのが魅力です。