タイムレコーダーのメリットとデメリット

時間と手間を節約できます

タイムレコーダーとは、社員の出勤時や退勤時に専用のタイムカードを入れるだけで、勤務時間を打刻できるというものです。このタイムレコーダーには多くのメリットがあります。それは手書きの場合よりも手間と時間を節約することができるということです。たとえば、中小企業ではタイムレコーダーではなく手書きで対応している場合もありますが、それだと手間と時間がかかりすぎます。従業員は毎日記入する必要がありますし、担当者は毎月集計してパソコンに入力する必要があるからです。大手企業になれば社員の数も多くなりますので、手書きで記入するのは非効率的です。タイムレコーダーを導入するだけで、全社員の勤務時間を容易に管理することができます。

給与計算が簡単になります

タイムレコーダーを導入するメリットは他にもあります。それは給与計算が容易になるということです。タイムレコーダーは出勤時間と退勤時間が記録されています。アルバイトの場合は時給による給与計算が簡単にできます。また、正社員の場合は残業時間がどれくらいかすぐにわかって残業代の計算も楽です。もちろん、タイムレコーダーにはデメリットもあります。それは紙を挿入して打刻するタイプのタイムレコーダーであれば他の人に代理で打刻してもらうことも可能です。つまり、勤務時間を不正に多くすることも可能ということです。このようなデメリットを解消するには、ICカードや指紋認証タイプのタイムレコーダーを使用すればいのです。不正打刻の防止にもつながりますので、会社に合ったタイムレコーダーの種類を選びましょう。